Rosenborg Slot
Øster Voldgade 4A
1350 København K
Tlf: +45 3315 3286
museum@dkks.dk

ローゼンボー城

400年古いこの城は、世界で最も美しい城の一つであり、北欧で最も著名な王の一人であるクリスチャン4世によって建造されました。
お城の訪問は王室の芸術財宝、王冠、宝石装飾品等、世紀の絢爛豪華が証人となって、まるで当時へタイムスリップするようです。
必見な場所の一つは、等身大の銀製ライオン3頭が鎮座する、一角鯨の歯と銀で出来た戴冠式用椅子がある大広間が挙げられます。

開館時間
5月1日 – 6月15日
10~16
6月16日 – 8月31日
9 ~17
9月1日 – 10月31日
10~16
11月1日 – 4月30日
10~14 (月曜休)
祭日等による休館日の案内は英語ホームページをご覧ください。
料金
大人:
110 kr.
子供、青年18歳以下:無料 
0 kr.
団体(12人以上): 
80 kr.
学生(ID要提示): 
70 kr.
共通チケット ローゼンボー城とアメリエンボー宮殿(購入日と翌日有効)
14 5 kr.
インフォメーション

インフォメーションと写真撮影

城内に日本語の城に関する小案内書があります。
写真は全ての場所で撮影可能,フラッシュも許可されています。

ガイドツアー

団体のためのガイドツアー申し込は次まで booking@kosa.dk

荷物

チケット売り場に、見学中のためのバッグ類を預けれるロッカーがあります。
城内へはごく小さいバッグしか持ち込めませんのでご注意下さい。

住所とアクセス

Rosenborg
Øster Voldgade 4A
DK-1350 København K
Tel:0045-33153286
Mail:museum@kosa.dk

ローゼンボー城は中距離旅客列車、S-トレイン、とメトロの駅であるノアポート駅から約300Mに位置しています。
次のバス路線はローゼンボー城の近くに止まります:5、6、14、42、43、184、185、5A,6A,173E,150S、350S.

アメリエンボー宮殿博物館へは徒歩約15分です。

ローゼンボー城に関する他のインフォメーションは、英語ホームページをご参照下さい。

アメリエンボー宮殿

アメリエンボー宮殿広場見学を完璧にするために、宮殿内にお入りください。
そして過去と現在の王室生活を体験してみませんか。

博物館は、6人の子供全員がヨーロッパ中の王室、公国と結婚したため「ヨーロッパの義父母」と呼ばれるクリスチャン9世王とルイーゼ王妃の時代150年前までに及びます。

タイムスリップとして王夫妻と後継王の方々のお部屋は、当時のままにしてありトレンドと各王の個人的な趣味が表れています。
ガーデンホールでの常設展示は21世紀の君主を紹介しています。

その他、日によってはベル・エタージュの現在も王室公務の場として使用されるガラホールと豪華な他の部屋も鑑賞が可能です。
ここのインフォメーションは英語のホームページで開館日情報をご覧ください。

開館時間
5月~10月:無休 
10~16
11月~4月:火曜~日曜 
11~16
祭日等の休館日に関する情報は英語ホームページをご参照下さい。
チケット料金
大人:   
95 kr.
子供青年 18歳以下: 
0 kr.
団体(12人以上): 
65 kr.
学生(ID要提示):  
55 kr.
共通券ローゼンボー城とアメリエンボー宮殿(購入日と翌日有効) 
145 kr.

ベル・エタージュ開館日

大人: 
75 kr.
子供青年 18歳以下:
0 kr.
団体(12人以上):
65 kr.
学生(ID要提示): 
55 kr.
インフォメーション

写真撮影

宮殿内すべての場所で写真撮影が可能、フラッシュ使用も許可されています。

ガイドツアー

団体のためのガイドツアー申込は次まで amalienborg@kosa.dk

荷物

チケット売り場の隣に見学中のためのバッグ類用ロッカーがあります。

住所とアクセス

Amalienborg
Christian 8.s Palæ
DK-1257 København K
Tel: 0045-33122186
Mail:amalienborg@kosa.dk

博物館はアマリエンボー宮殿のクリスチャン8世宮に位置しています。入口はFrederiksgadeに近い門にあります。
近くのバス路線停:1Aと20E(Bredgade とStore Kongensgade)、26(DronningensTværgade),
350S(Kongens Nytorv).

アマリエンボー宮殿からローゼンボー城まで徒歩約15分です。

アマリエンボー宮殿に関する他のインフォメーションは、英語ホームページをご参照下さい。